世界ビール旅

あちこち駆けずり周れる時ではないので、家で世界を巡るビール旅をしていました。

珍しいビールもあるので味が伝わるように、誰にでもわかりやすいようにサッカー選手に例えて説明をいたします。

キックオフ!

ブリュードッグ INDIE PEAL ALE(スコットランド)

アレックスファーガソン監督のような安定感のある飽きのこないテイスト、牛ほほ肉の煮込みと共に。

333バーバーバー(ベトナム)

いきなり、サッカー選手が浮かんできません、サッカー選手どころかホー・チ・ミンさんくらいしか思いつきません。とにかく建国の父らしい長年国内外で高い人気を誇るテイスト、ベトナムの屋台で売られているっぽい料理と共に。

台湾ビール金牌(台湾)

代表の試合さえ見たことありません。モンドセレクション最高金賞受賞だそうです、麻婆豆腐と共に。

ビンタン(インドネシア)

これまた選手を存じ上げません。が、二度ほどインドネシアに旅しましたがサッカーは大変な人気でした、ホテルをチェックアウトする時にポーターに日本から持っていったサッカー雑誌をあげたら大変喜んでいました。バリでは一番人気のビール、コロナ禍の篭り中に磨きをかけたレバニラ炒めと共に。

バドバー(チェコ)

パベル・ネドベドのような派手さはないが誠実でクリアなテイスト、バロンドール級の味に敬意を払い、チキンパプリカーシュと共に。

ミラードラフト(アメリカ)

GKトニー・メオラのセーブようなクリアな味わい。ツマミはバッファローウィング風でアメリカっぽく。

エルディンガーヴァイスビア(ドイツ)

ユルゲン・クリンスマンのような華やかでスマートなテイスト。自家製ハンバーグはビアホフとのツートップのような相性抜群の破壊力。

コロナ(メキシコ)

説明不要のラガービール、さらに詳しく掘り下げるならはウーゴ・サンチェスのような軽やかさ。だんだん料理と合わせることに窮屈さを感じ、相性無視、寿司を握りました。ホルヘ・カンポスなら許してくれるはず。

プリムス(ベルギー)

驚異の破壊力を持ったロメル・ルカク とは正反対の優しくマイルドな味。サムギョプサルと共に。もうめちゃくちゃw

最後は。

スパイスカレー をしっかり作り込み。

ライオンスタウト(スリランカ)

最後にしてW杯出ていない国!今回飲んだ中で一番濃厚なビール。もちろん是空カレーにハマる味。

 

結論。世界のいろいろなビール通してわかったことがあります。

アジアのサッカー、頑張れっ(;゚д゚)アッ….

 

 

素直 アート書道

オンラインアート書道教室の中で参加者様から書きたい言葉を募り、その場で即興で書き下ろした「素直」。

リクエストされた方からその言葉に対する思いやイメージを聞いて。

それぞれがそれぞれの言葉を大事にされて、しっかり伝わる喋り方で話される。その感度の高さに驚くことが良くある。

この「素直」は「人との繋がりに感謝して、無理せず素直でありたい」との思いを聞いて書かせていただきました。

繋がり、結びつきをリボンにして、

直角など用いない流れるようなタッチで、

和(輪)を大切に。

教室のはじめには円の書き方も練習します。

 

その場でこそ生まれるライブの発見や喜び。

けして堅苦しいものではありません、楽しみながら90分の創造の旅過ごしましょう。

 

wactivity japan

居酒屋こうじ 高倉入荷

家飲みが増えて来て黒糖焼酎にまた熱くなってきた。

久しぶりの「高倉」、蔵元の奄美大島酒造は100%奄美産の黒糖を使い、水も地元龍郷のおいしい水で仕込む地産地消の真の意識高い系の造り手。

果実のような甘味と濁り無いすっきりとした後味、ウィスキーのような華やかなさ。

菜花の辛子和え、タコとわかめの酢の物、韓国風モツ煮、胸肉を低温調理したエスニック蒸し鶏。

ジャンクやオイリーなものを避けて佳酒佳肴。これも家飲みの良さ。

少しだけ手間かけて、ゆっくり味わう。

政府の推奨する付けたり外したりの忙しなくクールじゃないマスク外食より、居酒屋こうじよ。

 

薫る、迂直

コロナが落ち着いてた時に行った「迂直」、

オープン間もなくにして殿堂入りさえ伺わせる名店。一時間待って入店。

自分たちを持ってオーダーストップ、かなりお疲れであろうにも、絶やさぬ気配りと笑顔。

そしてこの仕上がり。

これほどまでに薫る麺は初めて。

さらに鰹昆布出汁に浸っていて旨味が倍増。

最後はこれで割りスープ。

淡麗の極み。

いいものを使って、最大限に引き出す丁寧な仕事と謙虚さ。

丼一杯以上の価値を見出す店。

なかなかないね。

勉強になりました。

 

またみんなで行こう、それを信じてまずは慣れず、甘えず、静かに三連休を過ごそう。

苦あれば楽あり

毎日作品のご依頼をいただき創らせていただいている。

まさにそれは「ひとりからひとり」への表現であり、自分のライフワーク。生涯の仕事です。

作品の公表はしないけど何よりも大事にしている制作。

今朝は、ご依頼を受けて今シーズンを持って引退されるプロ野球選手に書画を描かせていただきました。

思い至らないかもしれないけれど、出来る限りの想像力を使って。

いろいろな縁に支えられています。

この大変な中で感じること、考えること、見えるものがある。

ひとつ、ひとつ、丁寧に気持ちを込めて。

ここの部分だね。

その通り。

 

 

 

 

それでも進むだけ

愛用の自転車が盗難された、犯行は確認できうる中で夜明け前の2時間。

防犯意識の高まっているこんな時代にまだ自転車盗む輩がいるんだな。

盗難手続きで警察へ、購入時自転車屋からもらった登録書を見せたら、「同じ登録番号で違う保有者がいます」とこちらが疑われる側に?警察はそれも仕事だからやむなし。

調査してもらった結果、自転車屋の記載ミス(一箇所数字がテレコになっていた)、時間の損失は大きかったけど疑いは晴れて被害届登録完了。

アシを失ったので、実家に置いてある自転車を取りに戻る。

向かい風を漕ぎに漕いで1時間45分、17200歩。

なかなかいいトレーニングをさせていただきました。

めげす、腐らず、怒らず、向かい風を進んで行きましょう。

 

Bohemian Rhapsody

コロナがまた世間で暴れ出して自宅居酒屋こうじが忙しい。

軽くツマミを作り、ウィスキーを舐めながら、Amazonプライムで「Bohemian Rhapsody」を観る。

Queenは正直あまりよく知らない、20年ほど前に先輩と飲みに行くといつも赤坂か六本木の行きつけのクラブでパンイチでウィーアーザチャンピオンやドントストップミーナウを絶叫して歌って、店のお姉さんたちを困惑させていたことを思い出す、その先輩がQueenのイメージw

そう映画、

詰め込みすぎ、急ぎ過ぎの感はあったけどフレディという誰もが持つ人間の慢心、強欲、焦燥、嫉妬、自惚れを描きながらラストに進んでゆく姿はやはり感動モノだった。

経験は何より得難い教えを与えてくれる、怖くても、めんどくさくても、進むんだ。

映画の中でフレディのお父さんが言ってた言葉。

若きフレディ少年はそれを否定してきたけど、さまざまな苦しみと痛みと悲嘆を超えてここに帰結する。

書いてみた。

善き思考 善き言葉 善き行いを心がけろ

映画の流れを感じ、いつもとちょっと書体も変わる。

いい映画でした。

耕し続けろ

ご注文いただいた作品に添える一言。

どんな形でもなるべく手書きで。

 

今朝はベランダで放置され荒れ果てていた菜園の片付けと整理。

少しづつ、いろいろと整理。

と、春まで休耕のつもりだったけど土起こししていくつか種を植えてかなり時間をかけた。

その間のアシスタントは…

ドキドキ、外で日向ぼっこ。

旅のスケッチ、バリ島

前にもアップしたかもしれないけど、これはかなり昔にバリ島に一人旅した時に浜辺でスケッチしたもの。

バリ島、男一人旅ってものあまりいないけど。

朝早くに起きて散歩、ホテルのレストランでゆっくり朝食、プールで泳いだりプールサイドでビール飲みながら読書、近所のイタリアンでランチ、ホテルに戻って昼寝、クタビーチで美しいサンセットを眺め、繁華街に繰り出して酒を飲んで、寝る。

滞在中この繰り返し。

こんな状況になって、なんて贅沢な旅だったとも思う。

今日は朝からyoutube見ながら40分筋トレだよw

キツかった、早くもビール飲みたい。

早く世界がリアルで交じるあえる日が来ることを願いながらも、急がず慎重にですね。

 

クローゼット

実に久しぶりの映画館

24時間ぶり。

その前に、密にならない17時半からこのビルの上へ。

かに三昧。

炙りは本来の甘味が出ますね。

蟹しゃぶ、雑炊、デザートまで堪能して、いざ。

クローゼット。

淡々とした流れの中から痛みと葛藤が浮き上がってくる。死を見つめ、生きるを叫ぶ。その声が静かで冷徹であるほどに生々しさが伝わってくる。

帰り道に反芻してしまう作品。

 

感じたい、その先に繋がりたい。

静かな夜の新宿に呟いた。