音の営火

音という営火に言葉の風を送ろう。

ハイボールを飲みながら未来へのBluesを。

ギターや筆を持つ時に大事なのはイメージだ。

イメージを持って響かせろ。

奏でるのは正直な言葉だ。

太く揺るぎない想いだ。

借り物や真似事やそれらしいものはもう耳や目ににしたくない。

汚くて美しい、痛くて優しい。

遠ざかってゆくものが見えるから近くの大切なものがよくわかる。

そこに生まれる感情を創造してゆく。

 

足に裏がなんか変だなと思えば100%靴下に穴があいてるんだ。

いつもの道に。

作品制作や教室をやっていて思うことがある。

何かの、誰かの、役に立てたらと。

心が晴れたり、震えたり、力になれたり、喜びに変わったり。

不器用で人見知りで臆病な自分に、著名人とか、カリスマとか、成功者とかにはなれない。

ただ好きに書いていて、心が動くような感情がそこにいるひとりに伝えられるように。

それこそがなりたいもの。

歳と練習を重ねてゆく中で静かに変化していったこと。

役に立てるって当然だが自分自身を救っていることでもある。まだそんな自分に救いを求めてる半端者ですが、信じた道を突き抜けてゆけるように。

今朝のジョギング。

靴下プレゼントしてこの方の役に立ちたいと思いましたw

穏やかでおおらかな人柄を感じさせる呟き。

 

今日も良い一日に。

 

 

夢のカリフォルニア

実家に戻り、おふくろが一枚のポストカードを見せてくれた。

昔、カリフォルニアを一ヶ月ひとり放浪した時にクレアモントという小さな田舎町から送ったエアメール。

消印は1996年。

オウム真理教の事件の真っ只中、向こうでもよく聞かれた(しっかり答えるべき語彙力はなかったけど)。

なんか青臭いメッセージが書かれてあった。あまり変わってないような成長のなさも感じた。

懐かしくも思うけど、それは今があるからこそ。

今を愚直に重ねてゆくだけ。

まぁ、しかしだ、ホントに夢のカリフォルニアになっちまったな(゚∀゚)

 

勇気凛々 即興書

今朝のオンライン配信、五分間の即興書。

予定していたものを差し替えて、兜にしました。

松山選手、おめでとうございます記念。

まさしく勇気凛凛でした。

強くて謙虚、そんな人を久しぶりにニュースで見た気がします。

急遽、スタジオ一階に飾ってあった兜人形をスタジオに呼び寄せて。

感性を柔らかくして、その時の流れや気分で、今を表現する。

そんなのもアート書道の醍醐味です。

 

 

長い友との始まりに 焼き鳥

もう一年以上、会えなくなって、酒も飲めなくなって、どうでもいいよな話で笑い、真剣に熱く朝を迎えたり、そんな当たり前を奪われても変わるわけもない。

友よ、元気にしてるか。

また我慢だな、

また焼き鳥とビール、やろうな。

それまではとにかく、健康で。

静かな部屋で黒糖焼酎飲み、こうして夜な夜な描きながら思いを巡らせている。

今度は何を思い出し、何を描こうかな。

深夜の友への手紙、また書きます。

21年ぶりの書

先日関西にお住まいの方から作品の依頼をいただいた。

内容を見てみたら2000年に大阪でイベントをやった時に来てくれて、その時に生まれたばかりのお子さんに書いてもらったとのこと。
息子さんも二十歳を過ぎ、今回母親卒業記念と自身へのねぎらいの書をというものだった。

20年の日々を越えてこうして繋がるご縁。

額装してずっと家に飾ってくれているらしく、当時書いた物を写真で送ってくれた。

20年前に書いたものなど自分の手元にないのでなんだか不思議な気持ち。

とにかく20年、息子さんの成長ともに作品があり続け、当時と連絡先なんかも違った中、再度書かせていただけることに涙が出るほど嬉しかった。

心込めて、お母様に創らせていただき、息子さんには当時と同じ言葉を今、書かせていただいた。

残り続けることの意味を再度考えて、これからも一つひとつ大事に作品と向き合ってゆこう。

その時のパーティーはDunhill主催のもので各界から著名人もたくさん来てて、あるサッカー選手にも書いて、その方はその後日本代表のキャプテンになり、やがてJリーグの監督にもなった。ずいぶんな時が流れたのね。

20年、あちこち痛くなってくるわなw

 

続けていればこそ。

咲かせよう。

 

 

 

 

キーマカレーケーキ

またも無策、無気力、無能な世界からお達しが出される。

我慢するのはいいけど、希望や期待を感じられない策のなさが悲しくなる。

コロナなんかになる前にもこれまでに仕事、病気、人間関係、収入、他力本願のお願いだけで打破なんかできたことなんてない。どうすれば打開できるか、いい方向に行けるか、円満にできるか、解決できるかを真剣に対峙し、思考し、行動し、聞き、伝え、理解し、修正してきた。それでもどうにもならない、望む形ではないことも経験してきたわけで。

それすらも‥って言うのが憤らせる。何も心に響いてこない。

辛(ツラ)さを辛(カラ)さに誤魔化す。

顔も見たくないからテレビを消して、静かに家で遊ぶことにしたよ。

ぽんちゃんキーマカレーケーキ。

カレーは多めに仕込み、完全自家製焼きチーズカレーパンに。

フレッシュでキレのあるスパイスの香りと辛味、大量生産では出せないもっちり食感のパン、最高です。

家遊び、料理遊び、策練って楽しみましょう。

筍 イラスト

先日のアート書道教室。

ライブ配信、5分間で描き上げる即興書。

今回はまさに旬の「筍」。

筍のくさかんむりはまさしく「竹」ですね。「旬」は10日間という意味があります。1ヶ月を上旬・中旬・下旬と分けますよね、約10日づつ。

つまりは筍は10日間で竹になる、それが筍の漢字の成り立ちです。

日本語、漢字って面白い。

面白いっていうところから興味が生まれ、探求が始まる。

ワクワクしよう。

空き時間にいつもの隅田川沿いではなく、本願寺へ。

古代インド仏教を模した外観が素晴らしい。

阿弥陀如来の御本尊の前で静かに手を合わせる。本堂の中は広く、椅子も完備されてるので、しばしその空気の中で気持ちを浄化。

川辺もいいけどこの荘厳さたるや。

スタジオに戻って、もう一回5分間のライブ書収録。

面白がってワクワクしよう。

 

情熱 筆文字

昨日の続き、温かい思いの眩しさの端にいて感じる残光。

アトリエには美しい真紅の薔薇「SAMURAI」。

制作にも良いインスパイアを与える彩り。

花弁の厚み、重厚感、上質さ。生けるベルベット。

気品があり、格調高いビロード、惚れ惚れする。

赤い薔薇の花言葉「情熱」。 

迸る情熱の力感と抜け感が共生するタッチ。

美しいものに触れること。

感情が刺激される。

 

尊敬 筆文字

遠くから想いを見つめた週末。

人に支えられて、愛を受けていると。

コロナ禍であろうと、なかろうと普遍的なことがある。

あたたかい煌めきの余韻である残光を感じ、書いた。

白の薔薇の花言葉「深い尊敬」。