〆の味彩

最終日、四時半に起床。
五時から作品の構想やデザインの作業。
旅先であってもこれが正しい形。

時々住所不定でもいいかなと思うときがある。

本当に大切なものなどそんなにない、
たいしたことないものを後生大事に抱えて守るよりも
より身軽になってその先で感じたい。

一昼夜降り続いた秋雨は夜明けとともにやんだ。

肌寒い一日の産声の中、太陽と走る。

身が引き締まる。

白んでくる空、公園で地元のご高齢の方々の後列に混じりラジオ体操、
気持ちいいね。

そして明日へ走る。

まだまだ見たい景色がたくさんあるんだ。

さぁ、愛すべきバビロンに帰ろう。

その前に恒例新千歳空港ラーメン道場にて〆のラーメン。

一幻は相変わらず大行列、飛燕も行列店に。

待つという耐性がないので。
サッっと「味彩」へ。
函館塩ラーメン。

旅の〆としても、今後暫くのラーメン断ちとしても申し分なし。