「ひとり」に書く

市場の商品価値とかマーケティングとかトレンドとか、スタイリッシュだとか、高尚に見えるだとかはいいんです。

書きたいと思える人や、それを想像できることに向かうのです。

愛情は難解な表現を選ばずにわかりやすい言葉で湧き上がってくる。

伝えたいものをこねくり回す必要はない。

「誰かに」という目線より「あなたに」という思いで表現したい。

美術館の作品ももちろん素晴らしい、

でもそれだけじゃなく「ひとり」の笑顔のために書くこと、

長年やっていても大事にしていること。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)