いいもんだ、ここはお台場、大江戸の湯

江戸っ子にはいろいろ定義があって、それになぞれば
生まれも育ちも東京の俺でも、江戸っ子ではない。
しかしそんなことは関係ないのだ。

議論が苦手で、祭りが好きで、商売が下手で、情にもろく、
意地っ張りで、気が短い。
下町の対極、多摩っ子でも十分、その気質を満たしてる。

てやんでぇ、おいらは風呂にいくぜ。

品川からアーバンダブルデッカーに乗り。

お台場にある大江戸温泉物語へ。

完オフにつき、昼前からビール。みんなでグイグイと。

温泉にきたのか、居酒屋にきたのかってほどに。
最高の贅沢です。

風呂もいいんだけど、雰囲気も、料理もいい。

東京にもまだまだおもしろいとこがあるんだ。

アカスリもやって、身も心も垢落としになったお江戸の休日。

粋な江戸っ子なら、クイっと一杯やってさっさと引き上げるのだろう、
俺はそこからが長い。
地元に戻ってさらにさらに夜の深みに。

しょうがねえべ、おれらは多摩っ子なんだから。

ハイボールお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。