いつだって「今」が「いつか」を凌駕してゆく

今、読んでいる小説にある一節
「ストレスとは、外からなにか言われたりやられたりして
かかる重圧じゃなく、言いたいことややりたいことが内側に
こもったまま出ていってくれない重みなのかもしれない」

心が発酵して腐敗したら取り返しがつかない。
こんな俺でさえもストレスに苦しんでいる。

そして己のケツを蹴り上げる。
普遍なる道を怨ます、僻まず、怯まずに行け。と。

先月から続いていた多忙さも
今日の締め切りを終え、一段落。

全国にたくさんの作品を書き
壇上でたくさんの発見を積ませていただいた。

そしてまた次へと。

大海原を凛然と行く大切な仲間と寿司屋のカウンターに腰掛ける。

夜がじわりと広がる。

ここのところの派手な酒から一変、旨い魚で白ワインを静かにやる。

時間と想いと平静がゆっくり重なりゆく時間。
寿司屋にBGMがないのはそんな演出もあるのだろう。

精神の暴力ではなく
必要なことは
心のハグだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。