いつも今しかないと思うからまた出会う

プロアスリートが現役を引退するとき、
胸に去来するのは今とデビューの頃だ、
と聞いたことがある。

創作書家のキャリアとして10年を超える時間が過ぎた。

いろいろありすぎる愉快な旅だけど、
デビューした場所は昨日のように思い出せる。

歓喜と苦悩と賞賛と屈辱にまみれた原宿表参道、
路上パフォーマンスの日々。

昨夜、その頃に知り合った「大将」と
10年ぶりに再会の杯を交わした。

新島から自分の船で伊豆の下田に向かい、
新幹線に乗って渋谷に来てくれた。

大将は新島でお土産屋を営みながら、
漁船を操り漁にも出て、バリ島にセカンドハウスを持つ
スーパーアグレッシブオヤジ。65歳。

今回は新島のTシャツのデザイン打ち合わせを兼ねた再会酒。

お互い多忙で3時間しか話せなかったけど、10年の時空を超えた。

「今」を生きる鼓動の会話。

大将は最終の新幹線で帰って行った。
船上で仮眠を取り、朝からのテレビ収録に臨む。

時間に使われるのではなく、時間を上手に使うのだ。

とりあえず夜明け過ぎに起き、
清廉な朝を纏い、筆をとった。

作業台に向かうこと、はや6時間。

しかし時間の使い方。まだまだだな。

          「モヒ猿」は大好きな夕暮れです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。