いつも今に立て、この遠い道程のため

誰でも知っている有名な一節

僕の前に
道はない
僕の後ろに
道は出来る

高村光太郎「道程」。
初めに習ったのは小学生のころだろうか。
教室の椅子より校庭のほうが絶対的に楽しかったから
ほとんど覚えていないけどね。

人生も半ばにして改めて高村作品を読むと面白い。
文学とは痛みの上に形成されるものだと思う。

7月も引き続き原宿「cafe STUDIO」に出演することが
決まりました。7日(月)21日(月・祝)。

覚悟という範疇の中で激しく揺れる想いを
ありのままに描くことの切実さを表現できればと。

道の途中、ふらりと寄ってみてくださいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。