いつも違ういつもの場所

ちょっと一区切りついたのでひとりお疲れ様会。

いつもの荻窪motenasi。

カウンター独り占めし、大将の作品と対峙。

鰯、この盛り付け、見た目に負けぬ脂乗り。

仕事帰りの丸の内線の中でTHE JAMを聴いてたのだけど、コレ、天地逆にすればフレッドペリー、なんたるシンクロ、ザッツエンターテインメント!

創造の扉がいま一度開き出す。

クエ。

皮がまた絶品。

作り手の生産者、素材への感謝の心が滲む。

たまらん。

パリパリからの旨味の強襲、鰻の白焼き。

銘酒勝駒と合わせ疲れが溶けてゆく。

〆は自家製のつけそば。

笑って出してくれたが、食べてわかった、これは仕事の鬼の所行。追随許すまじ。香りが素晴らしい。

感動まで持っていくという努力を学んだ三時間。

何事も句読点。だらだらやらず、けじめをつけて。

また今日から気持ち新たにアート書道を広め、喜びを体感してもらえるよう研鑽積んでゆこう。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)