お箸の国の人だから

昔、こんなコピーのCMがあった。
日本人の情緒感が上手に表現された作品だった。

外国に旅に出て、帰国すると真っ先に味噌汁と
日本のご飯とアサヒスーパードライが欲しくなる。
で、居酒屋に向かう。帰ってきたと実感する。

夏のひととき、日本酒に合う料理を手早く作った。

◆いりこダシの肉じゃが
◆鶏肉と豆腐の塩煮
いい烏賊が売っていたので・・・
◆自家製 即席塩辛
◆烏賊の唐揚げ
久々の日本酒が美味かった。

出来合いのものよりもやっぱり料理とは手間をかけて
作るものだと思う(俺は上記のようにたいしたものも
できないけど)。口に入れば何でもいいという価値観は
ちょっと寂しいかな。手間には思いとか、会話とか、
想像とかいろんな要素が詰まっているのだから。

そしてなにより酒が美味くなる(苦笑)。

“お箸の国の人だから” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    いやー「^0^」;;美味しそうですねー♪高野様のクイック料理の画像見ると癒されます。器も渋くて?!良いですね「^-^」vところで・・・南青山のギャラリーで二十日まで作品展示されてるのですか?!作品数は?!都合付いたら・・・プラッと拝見したいと思いますが・・・場所が・・・解らず・・・最寄駅は、表参道ですか?・・・上野美術館も表参道のお祭りも都合悪くて行かれず・・・今度こそは「^-^」;;是非・・・期間内に・・・ Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    出来合いのものを買ってきても気に入った皿に
    盛り付けるだけで気分が変わりますよね。
    作品展の案内はブログ内で発表しました。
    koji
    Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。