ここに座ってごらん、午後の光を感じよう

光と戯れる午後。
「居酒屋こうじ」久々のランチメニューをアップ。

あくまでも仮想の店ですからね。
公園の砂場で砂団子を作っていたころの延長の遊び。

得意(自分で言うかね)のスパゲッチィ。

生ハムとルッコラのトマトパスタ。

水菜も好きなので入れてます。
ポイントはよく混ぜて、写真を寄りで撮るだけ。

水菜とサラミのペペロンチーノ。

ありもので作りましたって感じですね。
ポイントはよく混ぜて、写真を寄りで撮るだけです。

ゴルゴンゾーラパスタ、イベリコ豚とフルーツトマトの乗せ。

ちょっと豪華です。
ポイントはビックカメラと東急ハンズを貯めています。

夜は極力炭水化物を控えるので、昼はご飯ものも充実。

金目鯛と鯵の干物定食。

神奈川の美味しい干物屋で購入したものに卵焼きとポテサラ。
ご飯は玄米・白米・きびのブレンド。
写真うつりはイマイチですがイケてます。

海南鶏飯。

シンガポールライス、カオマンガイとも言いますね。
特製ソースは鶏がなくてもご飯だけでもイケます。ご飯はタイ米。

鯖の味噌煮定食。

味噌煮はきれいな色味ではないのでお洒落させてやりました。
七味を皿に広げて、紙で中央にきれいに寄せ集めて。
なんか20年くらい前を思い出す。
オィ、料理のハナシだぜ。

ルース・ベネディクトは
「日本人は食事を重要行為と見なしていない」
と書いた。

「菊と刀(1946年刊)」から戦後、高度成長、バブル、そして現在。
朧げな記憶だが「菊」は型にはまった文化性、「刀」とは
好戦的な民族という日本を象徴的に表現したものらしい。

生活も食のあり方も変わった。

根本はどうなんだろう。

ランチをしたら考えよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。