こぼれだす想い出よりも再会を描いて

金曜日、20時。
その店はいつものように満席で、老若男女が
肩を寄せ合って喜びを飲むように笑顔でいる。

それでも今月になってこの店は一抹の
寂寥感を熱気の中に漂わせているんだ。

今月いっぱいで八年間の日本、そしてここ「藤八」を離れ
故郷の上海へ戻る看板娘のゆうちゃんの別れを惜しむ
人たちでほとんどのテーブルが埋め尽くされているから。

というわけで俺もありがとうを言いに行ってきた。

女将さんとゆうちゃんのしばらく撮れない3ショット。

本当に涙もろくなりました。
・・・特に飲むと・・・・・(爆)


喜界島のボトルたくさん飲みました。

でもね、もう振り返ることはせず、目は腫れてたけど
笑顔で再会のハグをして我らは夜の中目黒に消えた。

ゆうちゃんはもっと辛かろう。こっちが別れを惜しんだり、
悲しくさせるそぶりは見せてはなるまい。

となり町であろうと、ここから1780km離れた上海であろうと
元気でいてくれることを願うのみ。

やがて疎遠になったり、別れて会わなくなった人もいる。
でも、ただ元気でいてくれさえすればそうだけでいい。

どんな出会いにもどんな別れにも意味はある。

俺も元気でいようと思う。

  本日16時から新宿救護センターでイベントです。
  お時間のある方は遊びにきてください。
  当日の昼過ぎからのお誘いではありますが(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。