さすらい

山はそこにあった。何も言わずただそこに
あるだけなのに俺はその前で言葉を失った。

圧倒的な威厳さを誇る、穂高や槍ヶ岳。
清流はその生命力から冷たくどこまでも澄んでいる。

山に川に空には失礼にあたるが俺もその一部に
なりたかった。とりあえずいつも以上に深呼吸
を繰り返してみた。そして寝転がってみた、
なんとなく。足が写ってしまった。

マイカー規制で保護された場所だからこんな
身も蓋もない文言さえ許せてしまうのだ。

陽が落ちれば星の出番だ。酒も出番だ(苦笑)。
迎撃体制もバッチリ、かかってこんかい。
満点の星空を仰ぎ見ながら、かの麦焼酎「百年の孤独」
のお湯割りを飲む。いつもとは違う酔いが身体を
駆けめぐる。

俺はいったいいつの間に寝たのか?

翌日は川べりに腰をおろし、眼前の穂高を描いた。
せせらぎと陽光が穏やかなのに凛然とした空気が
張りつめている。

帰りは白骨温泉で湯治。

自然は凄すぎる。そして素晴らしい。
五感刺激されまくったよ。

旅に出てみない?

“さすらい” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    すごい景色ですね(#゚д゚)ノ
    画像からだけど
    景色に圧倒されて言葉がでなかったです。 Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    もの言わぬ偉大さ、荘厳さに圧倒されました。創作意欲も沸々と
    わきだしてきましたよ。 Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。