すべての働く人たちに愛を込めて

昨日、遅くに東京に戻り、朝からカンヅメで
作品書き、原稿書き、ロゴ制作、Tシャツデザイン、
明日の準備、打ち合わせ・・・・とバリバリやってます。

働いた分しかお金にならないから頑張る。
・・・ずいぶん現実的な話ですが・・・。
人並み以下では次がないから俺ができる
(よそさまの実力は計れないから)最大限のものを
出すことに努力と集中をする。
作品に関して言えば、お金の問題じゃないけど。

創作書家として飯を食っているわけで、そりゃいろいろ
あるわけで。仕事がないときの苦しさも切なさも不甲斐なさも
貧乏さも嫌っつうほど経験してきて、だから仕事の
ありがたみをヒシヒシと感じる。よく「今日も筆を持たせて
もらえることに感謝」と言うけど、必要としてくれる人が
いるからできるんだし。まぁ仮に誰に必要にされなく
なったとしても俺はどこかで筆を握って書きつづけるけど。

久しぶりにPCを開いて、友人たちのブログなどを見ていたら
男女関わらず仕事に忙殺されている悲鳴が聞こえてきた。
いや、みんな責任感のある仲間ばっかりだから忙しいのは
こなせるんだと思う。闘っているのは理不尽さや人間関係の
部分。まぁこんな風に書くと「社会ってそういうもんだろ」って
シラッとわかったように言う輩がいるんだろうけど、そんな奴は
出でこい。いつでも相手してやるから。社会だろうが
組織だろうが間違いが正しいはずなんてあるわけがない。
働くとは人間が動くことなんだから。

で、こう思うのです。
どうせ動くのだからいい、ものや空間や空気を生み出したい。

<働く>
傍から見たら楽しんでいるように。
そこから紡ぎだされるものは・・・・
もう、さっきみたいに熱く吼える必要もないよね。

PS 
明日は新宿クラブハイツでイベントです。
魂のこもった作品を描かせていただきます。
ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。