その向こうに見つけたるは小さな秋



CMでも有名な東山魁夷の名画「緑の響き」が描かれた池に来ました。赤トンボが少し早い秋を彩っていました。あまりの美しい風景に筆をとりたくなる衝動にかられながらも空腹に負け、山あいの素敵な蕎麦屋へ。清水のせせらぎを聞きながら男性的な力強い十割蕎麦に舌鼓。

敢えて筆を握らず、感性の弓をキリキリと引いて、東京に戻って爆発させたいと思います。あと東京に戻ったらまずジム通いで身体絞らないと。

ここまで来たらとことん遊ばせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。