その色をその思いを瞬間にとじこめて

本当にヘタクソですが写真撮るのが大好きです。
特に風景と料理の写真が。
あまり上手くはないですが絵を描くのが大好きです。
ほとんどが風景と食材の絵だけど。

人物や動物は動くものだからその波動、その瞬間は
すべて記憶に刻みます。というのは言い訳で動くものは
撮るのも描くのも難しいじゃないですか。

昨夜は新宿の日本料理店「大木戸 矢部」さんへ。
おまかせコースのなんと素晴らしいこと!
料理人の描き出す芸術についシャッターを押したくなります。

うに、湯葉、ビールで始まる夜に。

子持ち鮎は絶品。パーフェクト。

香りを食べるというのは日本料理の極みだと思う。

きさくなご主人、塩や醤油のように会話も大事な調味料。

秋刀魚の身と肝を合えてそれをはさんで炭焼きに。
いかにも手をかけてますっていわない控えめで
ひたむきな気持ちを学ぶことができますな。

ほかにもいろいろと貴重な逸品をいただきましたが
〆は手打ちの十割蕎麦。
最後の最後にブレちまってはいませんか。
相当な数のビール、日本酒をいただいてるからね。

書道家でも写真好きでもなく、ただのご機嫌な酔っ払い。

「一寸の光陰軽んずべからず」と言うけれど、まさに
その瞬間を一生懸命にそして楽しむことを忘れず。
写真に残したい思いはそこに帰結するのだろうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。