ぢっと手をみる

イメージとフィーリングが合えば
絵筆かどうかなんてまるで関係ない。

これはマイクロファイバー、吸水力があってフワッフワ。

このタッチがいい感じになる。

時として、自分で感じたことは
誰かの決めたことを超えてゆく。

テストとして額装して当たりを観てみる。

締め切りギリギリまで書き続ける。

好きで描いてるのさ、
締め切りが来て早く終わらねぇかな、なんて考えも出てこない。

むしろ締め切りがなきゃずっと描いていたいくらい。

そんなだから、なおわが暮らし楽にならざり。

かw。