どこかで落とした瑪瑙の指輪を探して

ずっとずっと昔、肌身離さずいつもしていた指輪。
どこへいったんだろう。
烏兎匆匆、あきれるほどの時間が流れたけど葛藤は続く。
形あるものは無惨にも姿を変え、
見えぬものは冷淡な傷を残した。
絡み合う因果応報の糸。

ほどけなくなる前に街へ出た。

こんな夜は上質で静かなる夕餉がいい。

新宿御苑の「せお」。
料理とともに時間をいただく感覚。

いただくのは美しい時間だ。

これからもいろんなものを求めるだろう。
そして大切のものも失ってゆくだろう。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕わす

いや、まさに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。