ひたすらにからっぽになって汗を絞りだせ

ボクシングを習い始めたとき、最初の一ヶ月くらいはひたすら
シャドーボクシング(素振りみたいなもの)を繰り返された。
ミット打ちはもちろん、サンドバッグさえ叩くことが許されず
来る日も来る日も鏡の前でフォームをチェックしながら固める。

何ごとも基礎があって強く、上手くなる。

燃えるバドミントン。
言っとくぜ、彼女かなんかが作った弁当持って太陽の下で「あ〜ん」
とかやったあと、嬌声あげながらやる甘ったるいソレじゃない。
体育館でマジバドミントン。

マジでシンドイ(爆)。
基礎がなく力任せにやるから余計に疲れる。

でも、上手くなりたいんじゃなくて身体使って汗をかきたいのだ。

すべては最高に近づける書が生まれるようにコンディション作り。

感性も身体も汗をかいてこそ、強靭にしなやかになれると思う。

でもジョギングより、スイミングより面白いね、マジバド。

       都会を彷徨う「モヒ猿」くんもどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。