ひとつに生き、なにもかもを欲することなく

大正昭和の芸術家、北大路魯山人。
不遜で気難しい人だったようだ。
何より世に知られた肩書きがいい。
画家・陶芸家・書道家・料理家。
そこに繋がるものがあるのかどうかは
わからないが敬愛せずにいられない。

古くからの仲間たちがアジトに集まった。

わかっている男たち。

かわっている男たち。

二件目の深夜の焼肉まで。

シンプルであることだけで贅沢な気持ちになれる。

昨日、友と話していても感じたこと。

北大路魯山人の言葉が刺さる。
「味に自信なき者は料理に無駄な手数をかける」

かつて自分の作品はたくさんの言葉で埋められていた。
今は漢字ひとつだけでも「感字」にできればと思っている。

まだその言葉の意味に触れたぐらいの実力だけど
やっぱり俺はそこへ向かっている。

気難しくはなりたかないがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。