ひとつひとつ黙って書くことで生命は光を得る

雨音を聞きながら筆をとる。
4月の半ば、書き続ける場所に暖房が入っている。
なんなんだ。春はどこへ逃げた?
乾燥しているのか、暖房のおかげだろうか墨がよく乾く。

出産祝い、ウェルカムボード、新たな季節に飛び立つ子供たち…

筆を持つときの気持ちの入り方が大切になってきた。
偶然や思いつきで書いているわけではない。
書いているときの偶発性や瞬発力は歓迎だが
それは気持ちやイメージの入り方がうまく行ってこそ。

アスリートが試合に臨む直前や
役者が本番の声を待つ瞬間もきっとそうだろう。

昨日、以前手がけた仕事の未払いになっていた件で
先方と話し合いの場があった。

事情を聞いて、多くを言わず、だまって飲み込んだ。

男は言い訳のできない生き物。

過ぎたことには「。」を打って、次に進むのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。