まじめに遊ぶことが発想を柔らかくしてゆく

まじめな遊び場「居酒屋 こうじ」。
昨年から棚上げにしていたことにやっと着手。

魂の手作り餃子第二弾。

結論から先に言いましょう。
餃子番長としてこれまでたくさんの餃子を作ってきましたが
これまでで最高のジューシー餃子が遂に完成しました。

まだ実験段階でもあるので今回は二種類作って比較。

まず餡は写真手前、鶏ガラスープと牛だしを合わせたスープを
煮こごり状にして練り込んだもの(こうすることで熱で
スープが溶け出すという算段)と、スープと挽肉を混ぜて
三時間ほど冷蔵庫で寝かしたものを仕込みました。

皮は薄力粉と強力粉を半々にして練り込み、寝かせた後
伸ばしてくり抜いたものと、
切って丸めて伸ばしたものを準備。

野菜は塩で水分を絞った白菜とニラ。
包む直前(ここ重要)に肉と野菜を軽く合わせてください(誰が?)。

後は美味しく焼けば(説明に飽きて割愛)…
出来上がり。

どっちのパターンが美味しかったかは…
不明。
あんまり変わらなかった。
でも肉汁あふれ、とにかく美味かった。
皮も市販のもとはぜんぜん違います。

真剣にやると感動するね。

もちろん居酒屋こうじですから
「餃子だけじゃ、酒は飲めねぇ」ってんで、

タラの揚げ物 甘酢かんかけ

ターツァイの炒め物

中華のラインとは逸れますが、
個人的に食べたかったジャーマンポティト

すべてが上出来ゆえ、食べることに向いて
ビール二杯しか飲まなかったですが。

新成人よ、ファストフードよりもスロウフードで行こうぜ。
何でもつっつくような便利簡単な人間になるなかれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。