まんまるお月さん十五夜に微笑んだ

歌舞伎町の中秋の名月。
今年はまんまるだ。

美しい。

こんな夜は月下の酒宴。

行きつけのホルモン屋にて。

満月と肉とマッコリ。
理屈じゃない、本能が覚醒する。

憂いと輝きを持った、十五夜にぴったりなファミリーと。

満月はエネルギーが爆発するとされている。
苛烈なエネルギー、最高じゃないか。

太陽とともに生きる生活習慣に変えてから
(この日も四時すぎに起床、太陽と共どころか
お日様よりも先に目覚めすぎ)、夜が短くなった。

日付が変わるころには激しい眠気が強襲してくる。

一日完全燃焼。
明日に積み残しをしない。

西から昇ったお日様が東に沈む。
それでいいのだ。

       
      久しぶりです、元祖天才モヒ猿の秋だから。
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。