みちくさの旅

最近、趣味のない(持てない)人が増えているらしい。
とても残念だ。勉強や仕事と違ってなんの利害も持たずに
情熱を傾け、感じ、解放される時間は人の心を、人生を、
豊かにそして彩りあるものにしてくれると思う。

ギター、ロック、旅、映画、読書、釣り、料理、
焼酎、ボクシング、サッカー、野球観戦、散歩、
水泳、海、絵を描くこと・・・ひとつでもこれに
はまった人とは人見知りな俺でもすぐに打ち解け
られるし、なんとなく続いてゆく。
好奇心だけ旺盛の中途半端な多趣味人間だけど
こんな趣味を通してたくさんの人に出会い、
礼節を知り、知識を深め、感動をし、喜びあってきた。
人の価値は地位でも名声でも金でも仕事だけでもない。
もちろんこれらのことだってある局面では必要だけど
「必要なもの=心豊かなもの」ではないと思う。
30を迎えるあたりだったか「人生一度きり」ということ、
「これからどう生きるか」ということを考えるように
なった。まだ結果は出ないし、あっちに行くまで答えは
わかるわけもないだろうけど、とにかく悔いのないように
そして人として豊かで優しくありたい(これはほんとに
まだまだ果てしない勉強と修行が必要ですが)と思う
ようになった。その中で俺にとって趣味は不可欠な
ものだし、学ぶべきものがたくさん詰まっているのだ。

寄り道しながらみちくさの旅を続けてゆこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。