わずか30センチ向こうに存在する素晴らしき世界

太陽ギラギラの白昼、汗をかきながらむかったのは。
狂言鑑賞。
現代でいうところのお笑いってやつだ。

もともと狂言とはストリートパフォーマンス的なものだったらしい。
奇襲的芸術表現。
11年前にニューヨークの路上からはじまった書と似てる。
理解不能な伝統芸能だと思ってたけどなんだか親近感覚えるじゃん。

結局のところ、椅子で舟を漕ぎましたが(爆)

奇襲だ、奇襲だ。

一日カウンターボーイ。

マスター気取りで久しぶりや、はじめましてや、楽しい夜。

こうしてカウンターに立って、店をやってたころを思い出す。
やっぱり好きなんだなと。

富士の裾野の生みたて卵。

おばさまの演歌をバックにTKG。
玉子かけご飯、うまい。

ちなみに生物学的(殻のついた状態)では「卵」、
食材になった段階で「玉子」。

まぁそんなことはどうでもいい、
大事なのはその存在感なのだ。

指をくわえて見てるのはガラじゃない。
常にうねりの中でいたい。

ひとりしか、ひとつしかない、オンリーワンの存在感。
今日も頑張りマス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。