イメージとは、寡黙なれど饒舌な言葉

早速、好敵手を捜しに。

唯一にして最高の書友、中塚翠涛さんが
カレッタ汐留の46階で作品展をやってるってんで
猛暑の中、扇子片手に行ってみた。

この界隈、めったに来ることはないけど
浜離宮、築地、新橋、銀座など東京のいいこと満載のエリア。

彼女とはタレントだった時代からかれこれ6~7年前からの付き合い。
熱くして穏やかでしなやかな人柄が作品に表れる書道家。

近所ゆえ、街ではたまに逢うんだけど
作品と対峙すると表現者としての美しさは素晴らしい。

PRするには遅すぎですが今日までやってます。

グッドバイブレーション。

その響きは夜へとつながる。
汐留を後にして、いざ、愛すべきカオス歌舞伎町へ。
ニンゲンの臭いがプンプンする。好きだなぁ。

素敵な日本のコルレオーネ・ファミリーの集結。
関西のドン、愛媛姫、イタリア人、アメリカ人、武蔵野人、
いつものアジトの焼きとり屋でファッキングレイトな宴。

Davidとも再会。

世界を巡る、ここにいて。

国境も宗教もない、ただ空があるだけ。

そう、俺はここにいる。

走る。
イメージを抱いて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。