グイっと飲む、喉もとに熱き思いがひろがる

玄さんたちと静かに熱く一献。
飲みに行く店はどこもすべて美味で接客も素晴らしい。
しかしネットにはあまり載っていないところが多い。
一切の情報に頼らず、自分の感覚で動くからこそ出会う快感。
人間もそう、まわりの噂にとらわれず、心を見つめるのだ。
これこそが食や人間関係を楽しむ神髄なのではないか。

昨夜もそう。
「新鮮」の勲章を捧げましょう。
新宿「緋色の海」

つぶ貝、戻り鰹、くじらベーコン、かわはぎ、
鮃のえんがわ、鰯。

仕事の語源って「す(為)」ることらしく
ただの行為のひとつとして表現されたらしい。

でもそれを「仕える」って漢字を当てるとこに
やっぱりただの動作ではない意味を感じる。

人ありて、心ありての仕事がいい。

二次会はひとりバッティングセンター。

支えられ生きていることに感謝。
でっかいホームラン打つよ。

今夜は松戸でイベント。
ひとつひとつ大切に書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。