コントロールできない、天上の光に触れることができたなら

太陽がてっぺんに届かぬうちに大作に向かった。
久しぶりに龍を描いた。
これからあちこちをこの作品が巡って、
たくさんの人に観てもらえたらと思います。

その際はまた報告します。

今朝の中国新聞の記事で広島カープ9年目の大島投手の
ことが書いてあった。伸び悩みがあり、今季も初めは敗戦処理の
起用だったが、ここにきて存在感を増し、今ではリリーフの
要となっている。
記事の中で彼は
「技術は一日で変えられなくても、意識はその瞬間から変えられる」
と言っている。

9年という時間が生んだ言葉。

筆を持っていても同じことを思う。

そんな中でこれも今朝書きました。

鴨長明「方丈記」ですね。

ゆく河の流れは絶え間なく流れ続ける、
そしてその水は前にみたもとの水ではない。

変わらないような水の流れでも同じものはない。

同じことをやって見えるようでもその中身は違う。

当たり前と思わず、イメージと意識を持って対峙する。

鎌倉時代から続くこの言葉の存在感。

とにかく一生懸命に書いていますが
後世に残るような普遍的な言葉を
書けたらほんとうに幸せでしょうな。

      甘酸っぱい青臭い日々に「モヒ猿」とタイムスリップ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。