ザ・プロフェッショナル

今朝方NHKにチャンネルを合わせたら脇屋さんが
出演していた。ヌーベルシノアの旗手として
「トゥーランドット 游仙境」「Wakiya 一笑美茶樓」の
オーナーシェフを務めるかたわら、テレビにも多数出演、
著書も多い。また、海外へも活動の場を広げ、世界規模の
料理大会などにも数多く参加。 最近では、ナショナルの
オーブンレンジのCMで見かけた人も多いはず。

15年ほど前、当時バンドをやりながらホテルでバイトを
していて、そのホテルの総料理長だったのが脇屋さんだった。
当時から「料理の鉄人」に出演したりしていたが、現在も第一線
で活躍する料理人だ。その後時は流れ、俺が創作書家として
横浜のイベントに出ていたとき、食事する機会に恵まれた。
横浜のパンパシフィックホテルの「トゥーランドット 游仙境」の
個室で美味しい料理に舌鼓を打ちながらふたりでいろいろ話をした。
料理への情熱が強く、努力を惜しまない人でその姿勢に敬服。

昔から仕事に対してとても真摯で、真のプロフェッショナルだった。

ベンジャミン・フランクリンの言葉に
「勤労は今もなお成功の道であって、このほかに道はない」
という言葉がある。まさにそれを体現されている雰囲気なのだ。

ブラウン管を通じてこうして御活躍の姿を拝見して
プロとして強い根があることを改めて認識した。さすがだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。