ステキだと無邪気に笑える心が好きさ

街の唄が聞こえてきて穴場へ。

時の流れを感じないままにアジアンな夜。

ラープ・ムー。
その意味はわからないけど、パクチーの独特の香りと
わずかなミントの爽やかさが相まって素晴しい仕上がり。

誰にも従わず傷の手当のしなかったあの頃、
ドライマティーニばかり飲んでいたっけ。

いつかは誰でも愛の謎が解ける。

ここのタイカレーの美味さの謎は解けない。
味の分析はできないけどホントに美味しいのだ。

せっかくのアジアンなのに、
昭和の酒場が大好きなので河岸を変える。

もう一度あきらめないでまごころがつかめるその時まで。

二度付けは固く禁止されていても。

帰り道、ホロ酔いで見上げる夜空。

若すぎて何だか解らなかったことが
リアルに感じてしまうこの頃。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。