スパイスカレーの道

研究中のスパイスカレー。

やっと少しだけ自分なりの形が見えてきた。

最大のポイントは玉ねぎの炒め方とわずかだか重要な塩にあり。

カルダモン、クミン、八角、コリアンダー、パプリカ、ターメリック、グローブ、カスリメティ、マスタードシード、カイエンペッパー…
まぁ、赤、青、黄色、白、黒、紫…みたいな感じ。
絵を描く時の色を混ぜ合わせる感覚で、仕上がりをイメージしてスパイスを調合。
面白い!

今回、偶然も重なり、プロのスパイスカレーの達人はじめ、和・洋・エスニックの料理人の方々にも食べてもらった。

失敗と先人から学ぶというのはどの世界も一緒やね。

動物性油脂、小麦粉、多量の塩分・糖分を含まない、食べる漢方のスパイスカレー、
基本を反復しながらさらに進化させてゆきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)