スマートな振りしてもがくなら、一粒の汗と涙を流せ

今朝は朝の7時30分に作品の引き渡し。
朝方人間ですから気持ちいいです。
その足で散歩に出る。

貧乏性の回遊魚なのでいつも何かしていないと気が済まない。
テレビだけを観るという習慣もほとんどないし、
移動中も書き物をするか本を読む。
ひとり酒もつまらないからほとんど飲まない。

そんな中で散歩と運動は独りで集中して考えられる重要な時間。
いろいろと整理して考えたいことがあったので
クローバーが咲き誇る雨上がりの公園を発見して休息。

座ったとたんにモスキート攻撃。
足をバタバタさせても5〜6匹の蚊が吸い付いてくる。

あえなく散歩を続行。

一度帰宅して近所の公園に移動してトレーニング。
約一時間半、ゼーゼーやりながら滝のような汗をかく。
俯くと地面に汗が滴り落ちる快感。
童心に返ってひとり壁アテをやった。

俺は不器用でどんくさかったから小学校四年になるまで
補助なし自転車に乗れなかった。
だからどこに行くにもいつも歩いていた。
友達が自転車で行く所を倍以上の時間をかけて歩いた。

歩くこと、公園や野球。

それは子供の頃に過ごした当たり前のことだった。

今でも何かあったらその衝動にかられるのは必然かもね。

そしてやっぱり子供のときのように
余計なことを考えるな、他所さまのことに乱されるな、
ただただ一生懸命に突き進めって答えに行き着くのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。