ティダ



日本全国回って、行ったことない場所はあと数県になったけど、筆舌に尽くしがたいとはまさにこのことか。

しかし言葉を紡ぐものとしてそうはいくまい。帰ったらそれをするとして、今はビールたい。

昨夜はたくさんの島人と杯を重ね、言葉を贈り、朝5時まで語り合った。

最後は会ったばかりの人と意気投合、ふたりで奄美料理屋で、れんとタイム。さらに店主とも盛り上がって、帰り際には大きな貝がら(ホラ貝のような)をいただいた。
磨けば数万するらしい…。

素朴で素直で陽気な人柄の島人は書き上げる作品を本当に喜んでくれた。

そして今朝、島がくれたギフトは太陽(こっちの言葉でティダ)とエメラルドグリーンの海。

言葉がでないよ。

濃密な一日、笠利の山にティダは沈んでゆく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。