ハワイの風の写真館 〜料理 後編〜

一気にブログを更新中、疲れてきたぁ。
あと2話ガンバリマス。

作る、食べる、飲む 好き。
アメリカの、ハワイの料理の後編をご堪能ください。

「大切なのはやっぱり誰と食べるかってことさ」

ハワイ島からオアフ島に戻ってきた空港で携帯に電話あり。
「千房デ、マッテイル」。
ロイヤル・ハワイアン・センター内、お好み焼き「千房」。

陽気なBarryが焼いてくれます。

カウンターで隣に座ったアメリカ人がかつて筑波大学にスポーツ医学の
勉強をしにきていたことがあるということで盛り上がり。
「Angie」という名の彼女に、「安慈(アンジー)」と筆で書いて
プレゼント。つたない英語とつたない日本語でも会話はできるのだ。

ちょっと遅く目覚めた翌朝、ロイヤルハワイアンへ。

ビーチサイドのオープンエアレストラン「サーフ ラナイ」。
最高のロケーションの中、目覚めのマンゴー。

この後、ビールを飲んでトマトとチョリソーのキャセロールを
食べたけど、あまりの景色の素晴らしさに写真を失念。

昼間、トローリーで大きな大きなSCへ。
身体がブツブツ呟いている。
「ラーメン…ラーメン…」と。
やっぱり胃袋は日本人なのです。(ラーメンがどこかは別として)

塩ラーメン。なんだかテンション上がります。
スープとズズッと、麺をズズッと。
う〜ん、なんていうのかな…なんて言うまでもなく…そう…

「マズいっ!」

この不味さ$8.22。
セレクトを久々に誤った。

そしてこの旅、最後の晩餐。
世界有数のラグジュアリーホテル「ハレクラニ」へ。
「ハレクラニ」とはハワイ語で「天国の家」「極楽の家」。

まずは「ハウス・ウィズアウト・ア・キー」でハワイアンバンドの
BGMを聞きながら、食前酒で夕暮れを待つ。

ハングルーズで、やにさがりながら。

そして海に面したエレガントなレストラン「オーキッズ」に
席を移してディナータイム。
静かで海も美しく、ホスピタリティも料理も超一級。
小生のあまりの不慣れさが愛用のカメラにも
伝染したようで上手く撮れなかった。

最高のオパカパカ(鯛)が怪談調に。

大満足でハレクラニを後にし、ワイキキ・ビーチウォークを散策。
ワインをもう少し(もっともっと)飲みたい気分。
シチリアン料理レストラン「タオルミーナ」へ。

シチリア料理の美味さは映画「ゴッド・ファーザー」や
「グラン・ブルー」のシーンで洗脳済みだからね。

日本人の女性マネージャーもおすすめの「生ウニのパスタ」。

パスタは自分で作る派だけど久々にシビれた店のパスタ。

最後の晩餐に相応しいナイトタイム。

翌朝、ABCのスパムおむすび食べたけどね。

料理はいろいろと長くなりますな。

次は最終章ですからもう少しおつきあいのほどを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。