ビールへの遠き道。

仕事で群馬の前橋に行ってきた。
僕は新幹線は日本で一番の乗り物だと思っている。揺れないでしょ。
飛行機よりシートも快適だ。しかしJR東日本、サービスが悪い。
行きに東京駅で領収書きってもらって宛名が間違っているのを
後で気付き、空いている別のカウンターで修正を求めるとここでは
訂正できないから高崎駅でやってくれという。となりではヤクザ風の
おじさんが激高してたのでこの場はグッと我慢。
今度は帰り道、22時に高崎を発つ。仕事も終わってこれは車内で
ビールでしょっと思って駅員に構内にまだ売店はやっているか
しっかり確認を取り、新幹線もホームに。しかーし、ホームの
売店は全てクローズ。そこでまた別の駅員に聞いたら「時間が遅いから
やってません、一度外に出て探してください」。な・ん・だ・と、
唯一の楽しみをなぜ奪うのか、JR東日本。間もなく出発だったので
車内の売店で買ってくださいと言われそれならと乗車。だがしかーし
車内には売店はありゃしねぇ。いつになれば俺はビールが飲める?
なんかしたか?そういえば中学のときにキセルした、高校のときは
車内でオヤジとこづいて車内を汚した(まぁそのときはそのオヤジ
が車内で喫煙をしてたんだけど)。これが因果応報ってやつなのか。
怒りにふるえながらジッと座っていると、ついにワゴンを引いた女神が
あらわれました。車内販売・・・なんという甘美なる響き。
そして待ちこがれた生ビールのうまいこと。JR東日本の緩慢な対応が
もたらす一杯の幸福感という矛盾。郵政も民営化するんだったら
こんなことのなきよう、切に願う。

訪れた街、群馬はかかあ天下と空っ風。しかしおばさんたちは優しく、
秋の風も心地よかったです。
写真は湯揉み娘のお嬢さん、カメラを向けるとはにかんでかわいかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。