ボクシングを殺したのは誰だ?

やっぱ書く?
書いとくか。

イ・スンヨプ。連夜の決勝アーチ。
・・・違うよね。

亀田劇団の陳腐な36分間の茶番劇@TBS。

俺は子供のときに「ものごとは平等でなければいけない」と
教育されてきた。大人になって「平等でないこともあるけど
やっぱり平等でなくてはならない」と思ってきた。
だから余計に頭にくるんだよな。
金の力で黙らせて、スポーツとは関係ない誇張した家族愛で
お涙頂戴を訴えかけて、平等でなくてはならないという
基本的な道徳心をねじ曲げているのが許せない。
プロ・アマ問わずボクシングやっている人や、家族でテレビの
前で観戦していた人(子供になんて言えばいい?)、
理不尽に歯ぁくいしばって働いている人に対して日本ボクシング協会は、
WBAは、亀田一家は、協栄ジムは、そしてTBSはどの面さげて勝者や
ヒーローを語れるのだろうか。

一言で斬って捨ててみる。
「ぜんぶ、自分たちの都合」
それだけ。それならそれでもいいけど
やり口がいけてないよな。アホらしい。

次回の亀田劇団の公演は大晦日になるのかな。
銭といかしたストーリー性を盛りこんだ
企画書をTBSに持ち込めば案外、曙でも勝てるかも?

俺も一応ボクサーの端くれ。
「なめんなよ」って感じですわ。

“ボクシングを殺したのは誰だ?” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    あれはやっぱり裏で動いてるのでしようか…
    裏の世界なんてわからないけど、
    確にいまいち過ぎた試合でした。
    この世の中の批判は19歳にとってどうなるんだろう Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    その裏が表になりつつあります。それでもほんの一角だけど。堀江や村上、三木谷氏といい、時代の寵児でさえ入り込めない閉塞的で闇の深い放送(テレビ)業界。自身のダウンをサプライズと言わせてしまうカラクリ。そろそろ演劇の幕を引いて彼のほんとのファイトを見たいですね。 Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。