ムチよりたおやかな刺激としなりを

前夜祭。
ジャンプするための助走。

準備や助走、ここの調整のほうがけっこう難しい。

ホームランって打てたんじゃなく、打たなきゃ。

高ぶりを限界で鎮める。

これ以上の美味しい鯨ベーコンもないかと。

これ以上の笑顔の似合う人はいないかと。

こんな感じで。

いわゆるトロの部分のとろけようったら。

ありがたい。

大丈夫か(笑)

立派な金目鯛。骨の髄までいきました。
またこの煮汁が最高にイケてて、最後に白飯に
煮汁をかけていただきました。

歌舞伎町「緋色の海」。
いただくものすべてに鮮度・質のよさを感じました。
大将の人柄も良く、歌舞伎町の魚料理の穴場。

で、俺は向かう。

前夜祭を終え、
書き、吼える世界へ。

遊びや、おもしろおかしくじゃなく、
ざらざらをさらけ出す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。