一書一会 〜麗澤大学編〜

前日の興奮も冷めやらぬまま、行ってきました
千葉県麗澤大学。あちこちに筆を携えて出向くけれど
6年連続で呼んでもらっているここ麗澤大学に関しては
「ただいま、帰ってきたよ」って感じの場所。
学生、近所の方、当時学生だったOB、先生・・・
常連さんもたくさんいる。

今回はこれまでで一番アツかった。最高!
12時から16時までの予定が結局日没を過ぎ、
17時半に終了。その間、トイレ休憩もなく
ノンストップで五時間半、三ヶ月の赤ちゃんから
組長まで150人近くに言葉を紡いだ。右脳フル回転。
ハイで気持ちいい時間だったよ。

待っていてくれる人がいる、
必要としてくれる人がいる、
喜んでくれる人がいる、
それがある限り、俺は筆を持ってどこへでも行く。
俺ひとり身ひとつ、難しいことなんかじゃない。

写真もとてもいい感じで撮れてるんだけど
たくさんの人の顔が写っていて、プライバシーの
問題もあるから、顔だけぼかして加工したんだけど
なんかいけないことしてるような画になってね(笑)。
残念ながらアップできませんわ。

なので得意のジョッキ片手の打ち上げシーン。

来てくれたみなさん本当にありがとう!お会いできて良かったです。
そしてまだ見ぬ人に、乾杯。

“一書一会 〜麗澤大学編〜” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    自分も、この「150人近く」の中の1人でした。
    今年も来ていただいて、本当にありがとうございました!
    在学中は大学祭運営スタッフ(下っ端でした)として
    高野さんの来場を毎年楽しみにしていましたが、
    卒業してからは、高野さんに会うために大学へ、といった気持ちで
    毎年の大学祭を訪れています。
    今年も素晴らしい筆をいただきました。
    いただいた言葉、それが湧き起こす勇気を大切にしていきます。
    先のことはわかりませんが、どうかまた来年もお会いできますように! Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ありがとう!毎年こちらも麗澤大学に足を運ぶのを楽しみにしています。南柏の駅もどんどんきれいに便利に開発されてゆくのを見ています。六年前は何もないような駅だったのに(笑)。毎年たくさんの人に書かせてもらって、みなさんの心がちょっとでも動いたなら嬉しいです。ぜひ、またお会いしましょう。   koji Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。