三流は金を見る、二流は人を見る、一流は心を見る

サムイ、ネムイ。

しかし料理の世界には春が動き始めている。
昨夜、春の絵を感じに「せお」へ。

今回は先付けを除く(撮る前に食べちゃった)すべてを
アップします。春がそこにあったから。

ふきのとうとたらの芽の天ぷら。

筍と白魚のお椀。

鯛の薄造り。

南鮪の刺身。

出汁巻き玉子。

鰤の焼き物。

アンキモと新タマネギ。

カニと菊の酢の物。

栃木牛のしゃぶしゃぶ。

〆のざる蕎麦

春の生命の声。

和食は料理もそうだけど、日本ならではおもてなしの心がある。
器の温度、仕事ぶり、盛りつけ、流れ、タイミング、会話…
いわゆる空気を読むということが大切な仕事。
ハンバーガーやピザばかり食べてるとKY(実にまぬけな言葉だ)に
なるかどうかは知らぬが、おもてなしの日本人の和を大切に。

義、勇、仁、礼  そう、武士道の精神だ。
偽、憂、塵、零  同じ読みでも今の俺はまだこんなもんだ。

「やる価値のあることは、失敗したとしても価値がある」

へこたれてる場合じゃないぜ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。