世界ビール旅

あちこち駆けずり周れる時ではないので、家で世界を巡るビール旅をしていました。

珍しいビールもあるので味が伝わるように、誰にでもわかりやすいようにサッカー選手に例えて説明をいたします。

キックオフ!

ブリュードッグ INDIE PEAL ALE(スコットランド)

アレックスファーガソン監督のような安定感のある飽きのこないテイスト、牛ほほ肉の煮込みと共に。

333バーバーバー(ベトナム)

いきなり、サッカー選手が浮かんできません、サッカー選手どころかホー・チ・ミンさんくらいしか思いつきません。とにかく建国の父らしい長年国内外で高い人気を誇るテイスト、ベトナムの屋台で売られているっぽい料理と共に。

台湾ビール金牌(台湾)

代表の試合さえ見たことありません。モンドセレクション最高金賞受賞だそうです、麻婆豆腐と共に。

ビンタン(インドネシア)

これまた選手を存じ上げません。が、二度ほどインドネシアに旅しましたがサッカーは大変な人気でした、ホテルをチェックアウトする時にポーターに日本から持っていったサッカー雑誌をあげたら大変喜んでいました。バリでは一番人気のビール、コロナ禍の篭り中に磨きをかけたレバニラ炒めと共に。

バドバー(チェコ)

パベル・ネドベドのような派手さはないが誠実でクリアなテイスト、バロンドール級の味に敬意を払い、チキンパプリカーシュと共に。

ミラードラフト(アメリカ)

GKトニー・メオラのセーブようなクリアな味わい。ツマミはバッファローウィング風でアメリカっぽく。

エルディンガーヴァイスビア(ドイツ)

ユルゲン・クリンスマンのような華やかでスマートなテイスト。自家製ハンバーグはビアホフとのツートップのような相性抜群の破壊力。

コロナ(メキシコ)

説明不要のラガービール、さらに詳しく掘り下げるならはウーゴ・サンチェスのような軽やかさ。だんだん料理と合わせることに窮屈さを感じ、相性無視、寿司を握りました。ホルヘ・カンポスなら許してくれるはず。

プリムス(ベルギー)

驚異の破壊力を持ったロメル・ルカク とは正反対の優しくマイルドな味。サムギョプサルと共に。もうめちゃくちゃw

最後は。

スパイスカレー をしっかり作り込み。

ライオンスタウト(スリランカ)

最後にしてW杯出ていない国!今回飲んだ中で一番濃厚なビール。もちろん是空カレーにハマる味。

 

結論。世界のいろいろなビール通してわかったことがあります。

アジアのサッカー、頑張れっ(;゚д゚)アッ….

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)