久しぶりによく寝た日、小さな覚醒の中

素直であれと教わってきたけど、いいたいことを
言ったらなんだか空気がおかしくなった。
空気を呼んで取り繕うことが成長なのか?
自由奔放に生きて、ときに嫌われることが素直でいいのか?

まぁ、いろいろあろう。
鮨でもつまんで考えてみよう。

久しぶりの食物語、アウトサイダー編。

文句とため息の質量に情熱が追い越されるな。

その肉を、その血を誇れるか?

弾けて、溶けてしまう瞬きのようなものであっても
残されたインパクトに意味があるんじゃないか。

誰にでも心を開けなくたって、その一枚のヴェールは
魅力と想いを十分に育んでゆく。

理屈なんて超越して本質を感じとる鋭さを。
経験を壊し、積み上げ、いつも新しい発見を。

端っこのほうに多くはないけどすごいものがあるんだぜ。

最後のはえんがわね。だからそういう意味。
この日行った鮨屋の大将は下駄履き。
日本の美味しいだけじゃない食文化、好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。