人の温度が夜と食事をあたためる

創作書家ときどき創作料理家。

俺の料理デビューは10代の終わり、母が大病で一年入院していたとき
次男のこうじは主婦になった。
夕方、スーパーで安くなったもので切り盛りしながら料理を考える。
だから高級な食材の扱いは未だによく知らない。
冷蔵庫の食材掃除が得意の完全独学。

当時はバンドマン(当然食えないからアルバイトもして)兼主婦。
でもそのときから料理することはまったく苦じゃなかった。
創る喜びをひとり台所で育んでいた。

人が集えば作るのも楽しい。

喜んでもらうことが好きだからやる。
ひとりでは誰も喜ばないからやらない。

先日も厨房にて健全な引きこもり。
テーマはイタリアンと和食を取り混ぜ
「和伊和伊」
失礼。

カンパチのカルパッチョ。

オリーブオイルと牡蠣醤油、バジルと茗荷、合います。

カプレーゼ。

和風のドレッシングで。

砂肝のペペロンチーノ。

砂肝の食感いいです。バルサミコ酢がアクセント。

あったかポトフ。

野菜ゴロゴロ。柚子胡椒をつけるのがこの料理ポイント。

誕生日のゲストに、遊びゴコロ。

ケチャップで字を書いてます。肉は和牛。

海老と帆立のトマト煮。

ここだけ和の要素を入れられなかった。

やっぱり大声で食べる食事が一番だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。