今の場所は過去を生きぬいた証し、そして未来へ

昨日の午後、携帯から送信したブログが
反映されていなかったのでまずはそこから。


新宿救護センター8周年おめでとうございます。

創作書家として、人として、今があるのは
玄さんとセンターの存在ってのがハンパなく大きい。

万感の思いを込めて、魂の書を披露したいと思います。

上手い書じゃない、魂の書だ。

すごい一日になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。