何度でも

基礎的なことからもう一度。

そしてオリジナルへと昇華させてゆく。
やはりいいもの、きれいなもの、心に響くもの、
言葉よりも気持ちを見ることができる人間関係
そこに触れ続けること。
夜明け前からずっと基本の反復を繰り返し
イメージのそのまたちょっと先を表現する練習。
これまでの道に落としてきたものを見つけるような
余分に持ち過ぎてたいたものを捨てるような時間。
黙々とひとり。
LINEスタンプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。