俺は書く、そう、愛すべきものすべてに

目の前で即興で言葉を紡ぎだす。

創作書家の俺のルーツであり、アイデンティティ。

人の中で人に書くことが生きている証し。
そう「生」、「ライブ」だ。

昨日は千葉県麗澤大学の学園祭で書き下ろし。
天上が空。もってこいの舞台。

書いた。

書いた。

書いた。

書いた。

3時間半ぶっ通し。
ノンストップで90を越える人に書き続ける。
そうやって成長させてもらってきた。
俺の誇り。
こんな書道家はいないだろう。
ほんとうにありがたい。

書いたら「終わり」ではなく、相手に渡ったときから
「始まり」になるような作品を書いていたいと誓って臨む。

すべてのスタッフのサポートにも感謝します。
そしてお越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

書いたら…
飲むっ!
打ち上げはモツ鍋。

中目黒の裏路地のシックで落ち着いた空間。

バタバタしてなくていい。美味くていい。接客もいい。

店長の博多弁もいい。

全10品、〆のラーメンまでいい。

今朝もはよから全国に向けて作品創り。

今週は作業ばびっちりたい。
気合い入れて頑張るちゃ。

“俺は書く、そう、愛すべきものすべてに” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    お疲れさまでした。
    力強い『感字』に
    温かい気持ちになりました。
    また、お会い出来る日を楽しみにしています。 Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ご来場ありがとうございました。
    心を込めて「魂」を描きました。
    こちらも温かい気持ちをもらいました。
    ありがとうございます。 Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。