偶然で広がる道なんて存在しない

歌舞伎町の片隅で静かで熱い夜があった。

確かな一歩は揺るぎない覚悟と
涸れることのない情熱が生んだ証し。
そして綿密なる配慮と日々の蓄積。

旅の途中だ。

腹も減る。

ウサギ肉を食べる。

自分を魅せること、飾ることをやめたら
すべてを受け入れる深さに出会う。

新宿救護センター斉藤さん、いつもナイススマイルっ!

さながら道祖神やね。
大壇上からではなく、目の前の悩んでいる人を
解放に導く、素朴で暖かな路傍の神だ。

先日料理をしていて魳の骨を左手人差し指に突き刺してしまい、
ズキズキするためキーボードが打てずに往生してます。

ギタリストでなく、創作書家で良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。