偶然という必然

高校生の頃に読んだ本の中に
「偶然などはない、すべては必然である」
という一節があったことを覚えている。
わかるようでわからなかった17の俺。

偶然でも必然でも、とにかく自然であればいい。
しかし不自然なことも大きく解釈すれば
自然なことであるからタチが悪い。
・・・今日は仕事詰まっているのだ、禅問答を
しているヒマはナシ・・・。

昨日、久しぶりにかつてのホームグラウンド、
中目黒で一献。行きなれた店は落ち着くね。

ここ数日、無性に食べたかったタラの芽の天婦羅。

一緒だった連れが電話をしに店の外に出たら
友人に遭遇。もちろんそのままジョインして
さらに電話して仲間が集まりにぎやかに杯を
重ねていった。この偶然が必然かどうかは
わからないけど自然であったのは確かだよね。

流されず、抗わず。俺にみたいな見栄っ張りの
ええかっこしいは難儀な性格だなぁと思うけど、
それでもこうやって気のおけない人たちとカッコ
つけず自然でいられるのはいいよね。

そしてビシッと出ること出てキメル不自然さも
カッコよくて良いじゃないかと思う。

不自然も自然の一部なのだから・・・・
ってまた始める気かっ!

“偶然という必然” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    不器用さと器用さが交じり合い、不自然なことも自然に変えてしまう魅力・・・何とも言えない・・・最高にカッコいい☆よっ!!不器用男子達、一生、夢に向かって走ってて~(笑) Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    不器用だけが突出しておりますが・・・(笑)
    ライバルの刺激も、多大なる応援もみんな力として
    大切に抱いて走ってるよ。 Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。