光りに浮遊するその瞬間を捕らえる感覚


「遊書房 こうじ」にて撮影中。

自宅ともいう。

衣装も画材も作品もすぐ用意できます。

しかし、今回はよりシンプルに。
もう多くのものは要らないのだ。

古くからの親友であるカメラマンと感性の
セッションを楽しんでます。

人生と年輪と命を一枚に吹き込んでくれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。