光るもののすべては金だってわけじゃない

梅雨入りです。
こんなときこそ心に刻むリズムがある。

ジャマイカの空とつながっている。

20代前半、レゲエを聞き漁り、
映画に、本に、カルチャーに傾倒していった。

たしか95年頃。
「クールランニングス」

お気楽なジャマイカンの感動の物語。
ディズニー映画はこれと「奇跡の旅」しか観てないけど
どちらも号泣の作品でした。

「ジャマイカ楽園の真実」

大国に飲み込まれる小国の痛み。

20代の後半、こいつをよく飲んだ。

薄給にはキツかったけどレストランでも、自宅でも
こればかり飲んでいた。
どうしても金がなくて買えないときはなんとなく
ボトルが似てるというだけで

ホッピーを飲んだ青春。

俺のバイブル「星とレゲエの島」

初めて読んだのが15年以上前。
ボロボロになりながらも本棚に鎮座してる。

そして創作書家としても大きな力をくれるアーティスト。

「子供たちの泣いてる声が聞こえるか?」

今もボブの歌を聞きながらキーボードに向かっている。

音楽や本や映画で旅を続ける。
忙しいならそれもまたヨシ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。