六月の雨に濡れて

 
 俺が夢に見た暮らしはこんなんじゃねぇと
 思いながら やりたくもない仕事をすると
 はがゆさも時間の中に消えた
 なけなしの日々の温もりも六月の雨に消える
 誰かのことをうらやみながら六月の雨に消える

十数年前、ソロで音楽活動をしていた頃に書いた詩です。
若いです、青いです、悲しげです、ひがみっぽいです。
とてもイライラしていた時期でした。怒りと反発心だけが
あの頃の自分を突き動かしていた。刹那的な快楽にのみ
生き、ほんとひどかったな。けっして雨のせいではない。

昨日、雨に煙る恵比寿ガーデンプレイス周辺を歩いていたら
歩道で自生する紫陽花を見つけた。

花屋にある花も好きだけど、こうしてありふれた景色に咲く
花の生命力とダイナミズムにはいつも感動させられる。

強い根を張って、うらやむことなく、甘んじることなく。

<ワールドカップ 今日の一閃>
「オランダVSコートジボアール」
常識破りの攻撃大好き、内紛大好き?集団、オランダ。さっそく一戦目の試合後もロッベンか誰かがチームメイト批判してましたね。ちなみに・・今回はサッカーの話はよけて、そんな性質がよくわかるオランダの話にしましょう。九州程度の大きさしかない人口1,500万人の小国オランダ、国土の1/4が海面下のため自分たちで干拓や防波堤などを造って国土を開拓。「地球は神様が創ったが、オランダはオランダ人が造った」とさえ言われるらしい。麻薬(ソフトドラッグ)、安楽死、飾り窓で有名な売春も合法という、独立心が強く、革新的なお国柄。レンブラントやゴッホもオランダ人、そしてサッカーではトータルフットボールの申し子、ヨハン・クライフと芸術性、創造性にも飛び抜けているのである。これほどまでにプログレッシブでありながらチューリップと風車が全面に出てくるゆるいイメージ。こんなビックリ玉手箱なヨーロッパの小国、もうこれは応援するしかないでしょ。

“六月の雨に濡れて” への3件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    雨の中、凛と咲く紫陽花も素敵な人間に目を向けて頂けた事、美しい姿をそっと記念に残して頂けた事・・・きっと、懸命に咲き誇れた事でしょうね♪花にも生命が有るって本当かも?!先日、地下鉄のトイレに黄色い花が五本くらい捨てて有りました・・・きっと、何処かで綺麗に咲いていたのを枝ごと折ってきたのですね「-0-」要らなくなって置いて行ったのか?忘れて行ったのか?解りませんが・・・しおれかけて可愛そうな姿になっておりました。地下鉄のトイレットペーパーに水を含ませそのままトイレの洗面所の端に飾ってあげました。少しでも咲かせてあげたくなりました。・・・と同時に・・・こんな小さな事ですが・・・世の中の人間のモラルの違いに改めて考えさせられます・・・ Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    人間のエゴで、もがれたり、捨てられたりする命か。憤りを感じます。反面教師として、わずかでも手を差し伸べられる人間になりたいです。 Like

  3. SECRET: 0
    PASS:
    ・・・・今・・・アメリカで・・・○○国で・・・花を愛する心が有ったら・・・紛争も起こらなくて済むのでは「;-;」心から平和を祈りたい気持ちで一杯です。被害者の心の傷は癒されていないどころか・・・放射能の恐ろしさ・・・地球上の全ての生命の尊重を声を大にして申したい!決して核のボタンを押さないでほしい・・・と祈るしか出来ない人間です。 Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。