共同作業。

たいがいの仕事はひとりですることが多いので撮影やインタビューなど現場のみんなで創りあげていくことは刺激的で楽しい。テーマは「ザ・ヤクザ」、女流カメラマンによるかなり気のこもった作品に期待大。近々に写真をこのサイト上でアップしますのでお楽しみに。撮影中も終了後も芸術論で盛り上がり、熱い時間を過ごした。カメラマンの野呂さん、画家のエイジくん、やすらぎをくれたひめちゃん(三歳)に感謝。

今日は朝からひとり韓流ブームになっている。キム・レウォンなる俳優に贈るという作品制作の依頼を受けハングル語をネットで検索してみる。そうこうしているうちに韓国にある広告代理店から電話があり仕事の打ち合わせに入る。日本語が話せる担当が入院したらしく、カタコト日本語の別の人と会話(うまくかみ合ってない)。さすがに電話でビジネスの話になると英語を使うのを躊躇する。その後こちらから連絡したらつながらない!?国番号もエリアコードも入れているのになぜ?締め切りは今日、大丈夫か、俺?いや大丈夫か韓国の会社?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。